2009年10月25日

肌荒れとは

よく、お肌が荒れる・・・と言ったり、
肌荒れがひどい・・・と言ったりしますが、
具体的に肌あれとはどういう状態のことを言うのでしょうか。

一般的に肌荒れというと、
お肌の表面がカサカサになることを指していると思います。

ファンデーションなどを塗った時に、
非常にのりが悪く、粉をふいたような感じになってしまうことで、
如実にわかります。

また、単に素手で触っただけでも、
カサカサ、ガサガサとした感触が感じられるほど、
ひどい場合もあります。

それでは、何故、このようなカサカサ、
ガサガサとした肌あれ状態になってしまうのでしょうか。

それは、水分不足などによって、
皮膚の表面にある角質層が乾燥することにより起こります。

そして、角質層が乾燥するとキメは乱れますし、
小さくささくれだつような状態が起こることになります。

それが、触ったときのカサカサ、
ガサガサ感になるわけですね。

普段から、乾燥肌のかたはちょっと油断をすると
すぐに肌荒れ状態になってしまいますから、注意が必要です。

また、普通肌のかたであっても、
体調や季節によっては肌荒れが起こることがありますし、
脂性肌のかたであっても部分的に肌荒れになるというのは
よく聞くことでもあります。

それは、脂分は一般のかたより多くても、
やはり水分が足りないということで起こり得ることでもあります。

ですから、どのお肌のタイプのかたであっても肌荒れは起こり得ますから、
このブログを今後の参考にしていただければ・・・と思います。






タグ:アルジルリン 美容液,アルジェプラス50
posted by ゆき at 00:10| 肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
The 美容」の先頭へ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。